サイトマップ | プライバシーポリシー | 事務局所在地 | English
 
 
こんな学校があったんだ!

こんな学校があったんだ! 2019-2020
監修:新しい学校の会

spacer
通信制高校生たちが考え感じる震災

【書籍発売】
新しい学校の会が
「通信制高校生たちが
考え、感じる震災」
を発行

spacer
 

 新しい学校の会(新学会)事務局
  〒102-0076
  東京都千代田区五番町10番地
 JBTV五番町ビル2F
  電話:03-3263-8966
  ファックス:03-5226-5257



プレスリリース

2020年度 オンライン教育シンポジウム開催のご案内
<12月3日・木曜日>

『コロナ禍における多様なメディア活用の学びをどう充実させるか』(Zoom使用)
 
(写真はこれまでのシンポジウムのようす)

新しい学校の会(新学会)シンポジウムの狙い

新しい学校の会は、12月3日(木)14時より下記要領にて2020年度 オンライン教育シンポジウム『コロナ禍における多様なメディア活用の学びをどう充実させるか』(Zoom 使用)を開催致します。
コロナ禍のなかで子どもたちの学びを保障するためにICT、オンラインの活用が模索されてきました。今回のシンポジウムでは、その課題や効果について文部科学省高等学校改革推進室長 安彦広斉様に基調講演いただきます。
また、パネルディスカッションでは安彦様と、『未来の教室』を推進する経済産業省教育産業室長の浅野大介様に、新しい学校の会理事長 桃井隆良が加わりシンポジウムテーマに沿った議論を行います。
つきましては、ご多用中とは存じますが、この機会に是非当シンポジウムにご参加いただければ幸いです。

2020年度 新しい学校の会 オンライン教育シンポジウム(Zoom 使用)

『コロナ禍における多様なメディア活用の学びをどう充実させるか』

開催テーマ:コロナ禍における多様なメディア活用の学びをどう充実させるか
 ・アフターコロナで、学校はどう変わらなければいけないのか
 ・現在の中高生が働き始める頃を見越した教育のベストミックス(オンラインとリアル)とは
 ・通信制高校が向かうべきこの先の未来
日時:2020年12月3日(木曜日)14時〜16時30分
開催形態:オンラインによる(Zoom使用)
参加方法予約フォームに必要事項をご記入のうえ送信してください
※12月1日(火)にZoomミーティング招待メールをお送りします。開催当日は10分前までにアクセスをお願い致します。
募集締め切り:11月30日(月)
定員:300名
参加費:無料
新しい学校の会(略称:新学会)
〒102-0076 東京都千代田区五番町10 JBTV五番町ビル 2階
電話 03-3263-8966 / FAX 03-5226-5257

(開催予定)  
14時00分 開会挨拶
14時10分〜15時10分(講演50分、質疑応答予定10分) 第一部 基調講演
講演者:文部科学省 高等学校改革推進室長 安彦 広斉 様 
休憩:5分間、新しい学校学校の会会員校紹介5分間
15時20分〜16時20分 第二部 パネルディスカッション
テーマ:コロナ禍における多様なメディア活用の学びをどう充実させるか

【パネリスト】
・文部科学省 安彦 広斉 様
・経済産業省 浅野 大介 様(商務・サービスグループサービス政策課長(併)教育産業室長)
・新しい学校の会 理事長 桃井 隆良(ルネサンス高等学校)

司会:新しい学校学校の会副理事長 一色 真司(代々木高等学校)
16時00分 閉式ご挨拶
16時20分 閉会挨拶
◎主催:新しい学校の会 運営協力:株式会社ライセンスアカデミー

コピーライト