サイトマップ | プライバシーポリシー | 事務局所在地 | English
 
 
通信制高校生たちが考え感じる震災

【書籍発売】
新しい学校の会が
「通信制高校生たちが
考え、感じる震災」
を発行

spacer
こんな学校があったんだ! 2014-2015

こんな学校があったんだ! 2016-2017
監修:新しい学校の会

spacer
 

 新しい学校の会(新学会)事務局
  〒102-0076
  東京都千代田区五番町10番地
 JBTV五番町ビル2F
  電話:03-3263-8966
  ファックス:03-5226-5257



プレスリリース

新学会 平成28年度教育シンポジウム開催

広域通信制ガイドラインへの対応話し合う
通信制高校関係者など80名が参加

2016年11月14日(月) 東京・市ヶ谷
 
(通信制高校をはじめ80名あまりの教育関係者が集まりました)

新しい学校の会 平成28年度教育シンポジウム開催

 新しい学校の会(新学会、桃井隆良理事長)は、11月14日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で平成28年度教育シンポジウムを開催しました。通信制高校をはじめ教育関係者など80名あまりが参加しました。

今回のシンポジウムのテーマは、文部科学省から今年10月に通知された広域通信制高校のガイドラインに対して、今後通信制高校側がどのような対応をしていけばいいかを話し合うものでした。

シンポジウムでは、中西茂氏(玉川大学学術研究所高等教育開発センター教授)、天井勝海氏(日本大学前特任教授、現非常勤講師)など有識者と通信制高校開設者を交えたパネルディスカッションが行われました。

(有識者、学校設置者を交えたパネルディスカッションが行われました)

このなかでガイドラインの趣旨を踏まえながら学校運営をしていく方向が確認された一方で、不登校や発達障がいなど学校生活に困難を抱える生徒を通信制高校が指導している実情が行政などに十分に理解されていないことから、通信制高校側からの積極的な情報発信の必要性も指摘されました。
 
また、この日は新学会創立10周年を記念して加盟する通信制高校の生徒が中心に制作した『通信制高校生たちが考え 感じる震災〜未来をすこしだけよくする、わたしたちの気づき〜』の制作発表も行われました。
制作発表では、宿泊型防災訓練(防災キャンプ)によりハザードマップを作成したさくら国際高校東京校の生徒6名が防災訓練に参加した理由や体験を通じて学んだことをスライドを使いながら発表しました。

(書籍制作にかかわった生徒によるプレゼンが行われました)



コピーライト